目指したい鼻の形に合わせて行なう鼻整形について考えよう

鼻の形に合わせて

鏡を見る女性

鼻の形は人それぞれ違っています。その人の特徴でもある鼻ですが、外国人のようなすらっとした鼻筋に憧れる方も少なくはないでしょう。鼻筋を高くするだけであれば、ヒアルロン酸を注射するだけでも効果を得ることができますが、バランスを考えて行なわなければかえって見栄えのよくない鼻になってしまうことがあるのです。自分の鼻がどういった鼻なのかをしっかりと理解したうえで鼻整形を行ないましょう。日本人の多くが団子鼻と呼ばれている形をしており、団子鼻の特徴としては鼻先が丸まっていて比較的小さな鼻になっています。この鼻の形は幼い印象を与えたり、親しみやすさがあるとされていて一見メリットになっているように思われがちですが、鼻以外のパーツがくっきりとしている顔立ちではバランスが悪くみられてしまいます。団子鼻で悩んでいる方は、丸まった鼻先を細くスッキリさせることができる鼻尖形成術といった鼻整形がいいです。この鼻尖形成術は丸みを帯びた部分の余分な脂肪を除去することによりスマートな鼻にみせることができ、また鼻先が脂肪によって丸みを帯びている場合とは違い、軟骨の形成に関係している状況では軟骨を少し削ることで改善させることもできます。この鼻尖形成術は一度行えば余分な部分を除去するので効果も半永久的に持続させることができ、状態によって異なりますが何度も通院する必要がなくなります。さらに、施術による傷跡も目立たなくすることができるのも大きなメリットといえます。
団子鼻以外の鼻にも適している鼻整形があります。耳介軟骨移植と呼ばれる手術は、耳にある軟骨を鼻の筋に移植して鼻先から筋までをスッキリさせることができる施術になります。この手術は自分の耳の軟骨を使って行なう施術になるため、アレルギー反応がでにくく鼻尖形成術と同様に一度行えば効果はずっと続く施術になっています。鼻先はシャープだけど上向きになっているような鼻の形には有効的とされており、注目を集めている施術です。こうしたように自分の鼻の形に合わせて手術を選べばより効果も高いものになり、以前とは比べ物にならないほどの鼻整形になるでしょう。